本文へスキップ

English   

ものづくり実験工房Creative Workshop

ものづくり実験工房とは



 西方門近くにあるものづくり実験工房は、プロジェクト型工学教育センターの組織が発足する前の2007年に開設されました。 学生の「ものづくり離れ」や、学部教育の中で不足している、「観察」「仮説」「検証」作業を、「ものをつくる」ということによって企画・実験・製作・共同作業等の人間力を養え得る場が必要なことから、「ものづくりの場」を提供することによって、工学教育の充実・発展に資することを目的としてこの施設はスタートしました。 当初はロボテック、F-tec(鳥人間)、フォーミュラーカーなどの活動が行われていました。機械加工ができる設備を備え、最近はロボテックの活動が主ですが、新たな活動として、ARLISSグループも加わり活動も活発で、共に大会で好成績を収めています。

 プロジェクト型工学教育センターは、工房の安全管理、設備の維持、学生からの相談、リクエストなど、いろいろな面からのサポートを行っています。  

バナースペース

東京大学大学院工学系研究科
国際工学教育推進機構
プロジェクト型工学教育センター

〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1
工学部8号館

TEL 03-5841-8800