本文へスキップ

English   

BMF 超精密3Dプリンター S140

概要

世界最高の精密水準を実現する3Dプリンタシステムで,光学解像度 10µm を有する.この装置は,DLPという光造形の技術を用いている.造形サイズは,94.0mm * 52.0mm * 45.0mm 以内であるため,小型部品の精密造形に向いている.材料には,生体適合性を有する樹脂もあり,医療分野への応用も期待できる.

想定される利用対象

極めて高い精度・解像度のモデルを作成可能であるため,小型精密部品の試作が可能となる.特に直径0.1mm以下の棒など,従来の3Dプリンタでは実現不可能な造形が可能である.
参考例として,医療関係の手術器具や,精密なコネクターなど精密部品を作成可能である.また,サードパーティ製の樹脂を利用可能なため,高透明の樹脂により光学部品の作成なども可能性がある.

設備紹介に戻る

バナースペース

東京大学大学院工学系研究科
国際工学教育推進機構
ものづくり部門

〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1
工学部8号館

TEL 03-5841-8800