本文へスキップ

English   

Roland 3Dプリンター monoFab(ARM-10)

 

概要

吊り下げ方式を採用した3Dプリンターで、造形物を支えるサポート材の消費量を最小限に抑えて効率的に材料を運用できます。

仕様

造形方式:光造形法(プロジェクターによる面露光方式)
最大造形サイズ:X130mm Y70mm Z70mm(ただし、一度に使用できる樹脂量は最大300g)
XY解像度:0.2mm
z軸分解能:0.01mm
使用材料:PRH35-ST2(硬質) PRF35-ST(軟質) PRR35-OP(柔軟質)

設備紹介に戻る

バナースペース

東京大学大学院工学系研究科
国際工学教育推進機構
プロジェクト型工学教育センター

〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1
工学部8号館

TEL 03-5841-8800